HOME > スタッフブログ > ブルーアース敷島店 >

ナス

STAFF BLOG ブルーアース敷島店

こんにちは

 

本日の担当の駒井です。

 

 

最近、私はナスばかり食べています

 

 

親の友達が農家ということもあり、ナスを大量にいただきます。

 

なので、ここ最近では我が家の食卓には必ずナス料理が並んでいます。

 

簡単にネットでナスの栄養を調べてみました。

 

なすの栄養と効能 

なすを栄養の面から見ると、低たんぱく、低カロリーで、栄養価はあまり高くありません。

主成分は糖質で、ビタミンはA、B1、B2、Cをごく少量含んでいるだけです。 比較的多いのがカルシウム、ほかに鉄が含まれています。

なすに豊富なアントシアニンは、天然色素であるポリフェノールの一種で、赤ジソやブルーベリーなどに多く含まれ、抗酸化の作用とともに、血栓ができるのを防いだり、目の疲労を改善する効果があります。

夏野菜は全般的に体を冷やす効果がありますが、なすはとくにその作用が強く認められます。 昔から高血圧やのぼせ症になすを食べるといい、といわれたのはこのためです。 夏場に常食していれば、体を冷やし、のぼせを防いでくれます。

逆に妊婦などは、食べすぎると体が冷える弊害となりますので、量をひかえたほうがいいでしょう。 「秋なすは嫁に食わすな」ということわざの真意も、ここにあるといわれています。

また、ぜんそく持ちの方、せきがよく出る方も、なすを多食すると、症状が悪化する可能性があるので注意しましょう。

また、ふだん声を多く使う仕事の方は、のどをあらす可能性があるので、なすを多量に食べないほうが良いでしょう。

 

とのこと・・・・・

 

赤い字の部分

 

すっごく関係しています。

 

のどをあらすとは・・・・・

 

しかし、私はナスが大好きです。

なので、我が家にナスがある限り私はナスを食べ続けます。

I LOVE  ナス

それでは、良い週末を。

 


PAGE TOP